トップページ | 「強いプログラム」にこめられた意味 »

2011年2月 2日 (水)

ブログ始めました!

ブログ開始に当たって...

2011年1月号より CQ出版社のInterface誌において、「強いプログラムを作るテクニックを学ぶ」という連載を書かせていただいています。

この記事は、これまで私が組込みソフトウェアの開発現場や、各所での技術者教育に係わらせていただく中で、若い方々にも知っていて欲しいと思うことを、書き綴っています。
”若い方々にも...”という言葉の通り、この記事には目新しいことはあまり出てきません。2, 30年前から、ソフトウェア設計に真面目に取り組んでいた方々からみれば、”何を今更...”ということが多いでしょう。しかし、ソフトウェア設計の基礎的な話は、今更な事かもしれませんが、今でもな事が多いのです。

記事の方は、毎回4~6ページに収められるように書いています。
が、実は筆者暴走気味で、毎度オーバランしています。
連載中に書き残したことや、説明が不十分でフォローしたいこと、記事に関連する裏話 など、スピンアウト的な話を書いていきたいと思います。

トップページ | 「強いプログラム」にこめられた意味 »

Interface記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トップページ | 「強いプログラム」にこめられた意味 »